帯広市商店街振興組合連合会は、中心部・郊外を合わせて8商店街振興組合と7任意組合の15商店街が加盟しています。 市連の事業として、中心部商店街対象の、共通駐車券事業・買物共通バス券事業、まちなかクリーン大作戦(清掃事業)。郊外商店街を含めた「おびひろ商店街自慢の逸品」などを展開しております。 このブログでは、こうした商店街の取り組みや帯広市の情報をお知らせします。

ページ | 1 |  / 全2件 1ページ

第6回まちなかクリーン大作戦 [2017年10月06日 (Fri)]

2017.10.6 第6回まちなかクリーン大作戦を実施しました
今年最後となります清掃活動に早朝からお集まりいただき・・ありがとうございます

当連合会 杉山専務理事より、お礼の挨拶

杉山専務理事の発声で、気合を入れて出発します
7丁目まで下りて、大通りから西3条までの範囲を11丁目まで、清掃します
駅北多目的広場で拾っていただいた「ごみ」を回収します

今回で今年の清掃活動は終了いたします

ありがとうございました!!!!!!!!!

来年また、ご案内いたしますので、多くの皆さんの参加をお願いいたします

JICA研修員まちなか周遊ツアー [2017年10月03日 (Tue)]

2017.9.30 JICA研修員まちなか周遊ツアー

JICA北海道(帯広)のJICA研修員との地域交流事業として、初めて実施しました

JICA研修員(帯広駅周辺に滞在中)の地域理解の増進と、帯広市中心市街地の理解の増進と併せて、中心商店街への誘導、誘客などを目的としています

今回は、9月19日より滞在しているJICA研修員(12名)を対象に行います(当日の参加者11名)

帯広駅前を出発し、平原通商店街を北上して、「ふじもり」・「インデアンまちなか店」を紹介しながら、「六花亭本店」「藤丸百貨店」、広小路商店街を抜けて、「柳月本店」、大通商店街から栄通商店街「満寿屋本店」に立ち寄り、「北の屋台」まで、まちなかを周遊するコースを回ります

帯広の開拓以降の歴史・帯広の気候や商店街の取り組みなどを紹介
「ふじもり」帯広で2番目においしいお店を目指しています
「インデアンまちなか店」帯広のソウルフードと言えるカレー(ルーは3種類)お鍋で持ち帰り
「雑穀の街帯広」は、「お菓子の街帯広」へ

六花亭本店 賞味期限3時間のお菓子などを紹介
(日本で最初にホワイトチョコレートを製造・販売)

道東唯一の百貨店「藤丸」

藤丸 (竹成課長より、藤丸の歴史などを説明)

店内を案内


着物の試着   (とてもお似合いです)

研修員(集合写真)

大通商店街から栄通商店街

満寿屋本店 
十勝産小麦100%を使用したパン屋さん、地元の原料だけでパンを作ることができるお店です

北の屋台の取り組み、屋台の仕組みについて説明
(2001年7月の開業から16年で来客数200万人を達成)

予定の時間を少しオーバーして、午後0時30分頃
まちなか周遊ツアーを終了しました

研修員の皆さんには、是非まちなかを再訪いただき、
帰国後には、帯広の魅力などを多くの方々に伝えてください

今回のツアー実施に当りましては、
JICA帯広からサポートをいただき、研修監理員(通訳)の方、
TIA通訳ボランティアの方、
帯広市親善交流課 森の交流館・十勝からも同行をいただき、
無事に終了することができました

ありがとうございました
 -全振連ポータルサイト-商店街にぎわいPLAZA-