カレンダー
<< 2017年 << 10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31




プロフィール
ページ | 1 |  / 全8件 1ページ

石山商店街女性部がクラウドファンディングを開始しました [2017年10月20日 (Fri)]


 こんにちは、北海道商店街女性部です。

 札幌市南区の石山商店街振興組合女性部(古内一枝代表)が、今日からクラウドファンディングでの支援お願いをスタートさせました。期間が10月20日~11月2日まで(約2週間)と短いので、ぜひ、お早めにホームページをご覧いただき、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 『大人の放課後ワークショップを開催して、地域の人が集まれる場づくりを!』
 http://actnow.jp/project/ishiyama/detail(ACTNOW)

 特に今回、ご支援への返礼品として、人数限定のワークショップ参加や試食会パーティへの参加が用意されていますので、お近くにお住まいで興味のある方はお早めにどうぞ。石山までお越しになることが難しい方には、大学生とコラボした石山軟石グッズなどをお礼に用意しています。EZOCAカードのポイントでご支援いただくこともできます。



 ご支援・ご協力を、よろしくお願いいたします。

小樽市での「まちゼミ」準備が進んでいます [2017年10月13日 (Fri)]


 クラウドファンディングのご依頼は11月頃からになりますが、先行して参加店の準備や勉強会が進んでいます。
 勉強会は、全国商店街支援センターの「まちゼミ研修事業」として、初回は明日10月14日に実施。1月まで計4回の勉強会を行って、しっかり準備します。初の「小樽まちゼミ」の開催は2月中旬~3月上旬になる予定です。



 各地でどんどん準備が進んでいますので、ご支援・ご協力よろしくお願いいたします。

いよいよ10月中に石山商店街のプロジェクトがスタートします [2017年10月10日 (Tue)]


 こんにちは、北海道商店街女性部です。
 2カ月近く経ってしまいましたが、、、いよいよです!

 10月中に、札幌市南区の石山商店街のプロジェクトが公開される見込みです。ようやく地元の計画がまとまり、細かな打合せを経て、体制が整いました。今、株式会社アクトナウさんで内容の確認を行ってもらっています。問題がなければ、10月20日から石山商店街のクラウドファンディングをスタートしたいと考えています。

 プロジェクト名は『おいしい石山、大人の放課後ワークショップを開催します!』
 地域の大人たちが集まって、仕事や勉強・家事・子供の面倒などが終わった「放課後」に、お酒と簡単なおつまみを作って楽しむワークショップを開きます。中心部でバリバリ働いている方は、お仕事終わりの息抜きに。定年を迎えて悠々自適の方は趣味と会話を楽しむ場に。お酒好きの方はもう是が非でも。地域に暮らす大人たちが集まって、地域の事を話し合いながら、美味しいお酒とおつまみを、、、自分たちで作ってしまおう! というプロジェクトです。



 また、道振連女性部では、室蘭市の中島地区での取り組みを支援先に追加決定しました。
 前に少し書いたお子さん向けの企画です。商店街の空き店舗を活用して、子供向けの段ボール大迷路を設置。無料開放しようというものです。
 歩いたり、走ったり、転げ回ったり、自分でどんどん動けるけど、まだまだ目が離せない時期ってありますよね。それに、冬場は外遊びができず家に閉じこもり気味になってしまいます。そういう時って、一日中こどもの相手をしているお母さんの方が疲れてしまいますよね。それなら、商店街で安心・安全に、子どもたちが楽しく遊べる場所を作ろう! と発案したそうです。12月の実施に向けて準備を進めています。



 地域のために、街のために、商店街女性部頑張っていますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

石山で勉強会を開催しました [2017年08月15日 (Tue)]


 こんにちは、北海道商店街女性部です。
 新しい取り組みのチャレンジに向けて、札幌市南区の石山商店街で勉強会を開催しました。


(株式会社アクトナウ:穴田さま)

 いままで、商店街では地域のために色々と頑張ってきました。資金は会員から会費を集めたり、夏祭りや花火のときは寄付を募って歩いたり。お金だけでなく、設営とかイベントの運営に力を合わせて取り組んだり。地域のために、地域でお金や人手をだして取り組んできました。
 そんな活動を、インターネットを介して行おうとすると「クラウドファンディング」になるのだと思います。地域を盛り上げるため商店街女性部頑張っていますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

小樽と札幌での準備状況です [2017年08月01日 (Tue)]


 こんにちは、北海道商店街女性部です。
 夏祭りなど時期的にイベントが多く、少し準備が遅れ気味です。

 札幌市南区の石山商店街女性部では、大学生が運営するカフェ「Three cafe(スリーカフェ)」の閉店時間を利用して、大人が楽しめる場づくりを検討中です。特に男性は石山に住んでいても、会社が別の場所だったり、中心部にお勤めに出ていたりする方も多いと思います。
 そんな方々が集まって、地域のことを一緒に話せる場所とするだけでなく、地域の農産物を使った燻製づくりや、ビール製造(酒税法に違反しないアルコール分1%未満のキット)など、いろいろ楽しいアイディアが出ています。



 講習会を行った小樽では、その後、計画を見直すことになりました。「まちなか講座」として、できる所からと思っていたのですが、紋別まちおこし塾の宮川さんの講習を受け、その後、岡崎まちゼミの会の松井さんとお話しした結果、、、最初の想定よりも大規模にやってみよう!という事になりました。
 しっかりと準備をしながら作業を進めていきますので、クラウドファンディングのお願いは11月頃、小樽初となる「まちゼミ」の実施は年明け2月頃を考えています。

 以上、準備状況のご報告でした。
 実は道内もう一カ所、お子さま向けの企画が進んでいる地域がありまして、近々お知らせできると思います。商店街女性部頑張っていますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

小樽での準備状況です [2017年07月14日 (Fri)]


 こんにちは、北海道商店街女性部です。
 新しい取り組みのチャレンジに向けて、小樽市で勉強会を開催しました。


(紋別まちおこし塾:宮川さま)


(株式会社アクトナウ:穴田さま)

 小樽市商店街振興組合連合会女性部(本田純子部長)では、地域の皆さんと「まちなか講座」をやってみよう! と考えています。
 この頃は、地域の話題をお隣さんと話したり、近所のお年寄りから街の歴史を聞いたりということが減っている気がします。子育ての大変さを先輩お母さんと話し合ったり、おいしい漬け物の漬け方を教えてもらったり、ちょっとした困り事の相談に乗ってもらったり。昔は普通でしたけど、今、街でそういう事ができたら、、、小樽がもっと暮らしやすく、いい街になる! というプロジェクトです。
 堅苦しい「勉強」ではなく、身近なテーマでわいわい集まる場を考えています。もちろん参加無料で、お店としてプロのテクニックや経験だって惜しまず披露していく予定です。

 地域のために、街のために、商店街女性部頑張っていますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

先ずは、道内2カ所で企画が進んでいます [2017年06月30日 (Fri)]


 こんにちは、北海道商店街女性部です。
 地域を元気にする活動チャレンジとして2カ所の企画が進んでいます。まだ詳しいことが書けないのですが、どちらも地域の新しい取り組みで、スタート段階で必要になる資金の一部をクラウドファンディングでお願いしていこうというものです。

 広く皆さんに支援をお願いするのですから、地域のためになり、続けて行けなくてはなりません。そんな想いで取り組んでおり、7月中旬頃には具体的なプロジェクトをお知らせできると思います。

 自分たちのできる範囲ということで、金額的には十数万円くらいの取り組みになりそうです。大きな事業はできませんが、地域のために、街のために、商店街女性部頑張っていますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

こんにちは、北海道商店街女性部です [2017年05月22日 (Mon)]


 こんにちは、北海道商店街女性部です。
 今年、私たちはまた新しい事にチャレンジします。今までも、消費者モニター調査をやってみたり、地域の自慢品を持ち寄ってみたり、学生さんや専門家の方にプレゼンテーションをしてもらったりと、新しい取り組みを試みてきました。

 そして今年、平成29年は!

 クラウドファンディングで、地域を元気にする活動にチャレンジします。
 北海道内各地の会員女性部が行う、地域づくりや賑わいづくり、社会的な活動や故郷を盛り上げるイベントなどについて、勉強会や講習会を開催するとともに一定額を助成。どうしても不足する事業資金は、株式会社アクトナウさんと連携して、クラウドファンディングで広くご協賛・ご支援を募ろうというものです。

 打合せでは、子ども食堂の実験や、海外留学生との文化交流イベント、ご当地商品の開発・PR、地域の盆踊りの復活など、たくさんのアイディアが出ました。現在、各地の取り組みを募集中で、7月中旬頃には具体的なプロジェクトをお知らせできると思います。

 あまり大きな取り組みはできませんが、地域のために、街のために、商店街女性部は頑張っていますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。
 -全振連ポータルサイト-商店街にぎわいPLAZA-