カレンダー
<< 2018年 << 12月






1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31





新着コメント
新着トラックバック
プロフィール
道振連
 北海道内14市振連118組合で構成する連合会組織です。
リンク集
RSS
http://www.syoutengai.or.jp/blogs/dosinren/rss/1_0/    http://www.syoutengai.or.jp/blogs/dosinren/rss/2_0/
ページ | 1 | 2 |  / 全15件 2ページ

力をひとつに。北海道商店街『一緒に応援キャンペーン』専用ページができました [2018年12月06日 (Thu)]


 北海道胆振東部地震の被災地を応援するため、道内各地の商店街で順次展開している『一緒に応援キャンペーン』について、専用画面を開設しましたのでお知らせいたします。

 http://www.kuleba.jp/news/ouen.php

 今後も順次、開催が決まった商店街の内容を追加して参ります。
 みなさまのご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

北海道内商店街の取り組み! [2018年12月06日 (Thu)]


●札幌市場外市場商店街に「場外市場めし」が誕生しました。旬のテーマ食材を1品決めて、商店街の飲食店約20店舗がそれぞれ「場外市場めし」という統一名称でメニュー化するものです。初のテーマ食材は「ホタテ」。各店が新鮮なホタテを乗せた海鮮丼、貝づくし刺身、炊き込みご飯定食、塩焼きそば、ほたて饅頭などを提供。今年は札幌市で開催された全国商店街女性部セミナー(全振連主催)で、場外市場めし体験が行われました。




●岩見沢市の中心部で、第1回岩見沢市まちあそび人生ゲームが開催されました。主催は岩見沢青年会議所などで構成するIWAMIZAWAセンターミュージアム構築実行委員会。株式会社タカラトミー社およびNPO法人出雲まちあそび研究所が協力。まちあそび人生ゲームの開催は北海道初です。


力をひとつに。北海道商店街『一緒に応援キャンペーン』実施予定 [2018年11月21日 (Wed)]




 道内商店街による「一緒に応援キャンペーン」実施予定をお知らせします。
 詳細については、各商店街へお問い合わせください。

●石山商店街振興組合(札幌市南区)
『被災地支援「いしやま朝市物産展&商店街まちの灯り」~頑張ろう北海道!~』
 開 催 日:11月17日(土)、12月1日(土)、12月15日(土)、1月26日(土)
 開催場所:石山振興会館(札幌市南区石山1条3丁目1-30)ほか
 11月17日(土)は午前9時から10時まで、鵡川産のシシャモや農産物を販売。朝市には地元の農産物や季節の山菜、地元工芸作家の小物など約20店が出店。1月26日(土)には厚真町の餅米や小豆を使った「お汁粉」(100名分)を提供します。
 《お問い合わせ》
 石山商店街振興組合事務局
 電話:011-591-8639

●釧路市商店街振興組合連合会(釧路市)
『胆振東部地震被災3町復興支援 釧路市商店街歳末連合大売出し』
 開催期間:11月18日(日)~12月16日(日)
 開催場所:釧路市中心部
 期間中、お買物レシート5千円分を1口として、専用応募ハガキまたは官製ハガキで応募いただくと、抽選で被災3町物産品など合計1,080本の景品をプレゼントします。また、和商市場特設会場では、安平町のチーズ、厚真町のジンギスカン、むかわ町のシシャモなど被災地物産の販売を行います。(和商市場特設会場は11月19日(月)からスタート)
 《お問い合わせ》
 釧路市商店街振興組合連合会事務局
 電話:0154-44-6500

●小樽都通り梁川商店街振興組合(小樽市)
『梁川100周年記念~小樽から復興支援!がんばろう北海道~』
 開催期間:11月19日(月)~12月1日(土)
 開催場所:小樽中央市場ほか
 期間中、商店街の歴史写真パネル展示、LEDによるイルミネーションを実施します。11月30日(金)~12月1日(土)の2日間は、ガラポン抽選、子供縁日、被災3町の特産品販売を行います。
 《お問い合わせ》
 小樽都通り梁川商店街振興組合(担当者店舗「Hair cult clever」)
 電話:0134-24-2100
 http://yanagawa-st.com/

●帯広名門通商店街振興組合(帯広市)
『復興支援!!チャリティとかち名門秋の夕べ』
 開催期間:11月27日(火)
 開催場所:グランテラスホテル
 復興支援チャリティとして、被災3町の特産品を景品に加えた抽選会を実施。シシャモ、ジンギスカン、チーズ、農産品などを景品に用意しています。あわせて、被災地特産品の販売、被災地食材を使った飲食メニューの提供も予定しています。
 《お問い合わせ》
 帯広名門通商店街振興組合(担当者店舗「株式会社ピステ」)
 電話:0155-23-4446

●札苗商店街振興組合(札幌市)
『歳末大売出し復興支援』
 開催期間:12月1日(土)~12月26日(水)
 開催場所:商店街各店、シーセブンビルほか
 抽選で被災地物産や商品券が当たる「歳末大売出し復興支援」を実施。1月3日の抽選会会場に物産展ブースを設け、被災3町の物産販売を行います。
 《お問い合わせ》
 札苗商店街振興組合事務局
 電話:011-785-0777
 http://satsunae.com/

●手稲本町商店街振興組合(札幌市)
『復興支援年末福引大売り出し』
 開催期間:12月1日(土)~12月30日(日)
 開催場所:商店街各店
 商店街加盟店で3000円の買い物で福引ができる「元気です。北海道復興支援大売り出し」を開催します。景品には被災地の物産や宿泊券を用意。12月16日には北海道日本ハムファイターズ選手のトークショーと合わせ、被災地の特産品販売を行います。
 《お問い合わせ》
 手稲本町商店街振興組合事務局
 電話:011-682-8869
 http://teinehoncho.com/

●深川市商店街振興組合連合会(深川市)
『がんばろう北海道・深川』
 開催期間:連合歳末大売り出し12月7日(金)~12月23日(日)
 開催期間:氷雪まつり2月3日(日)
 開催場所:商店街各店、プラザ深川ほか
 深川市内4商店街で、景品に被災地物産を活用した「全市連合歳末大売り出し」を展開。参加飲食店3店舗程度で、被災地の食材を使ったオリジナルメニューを提供。抽選会会場の販売スペースでは被災地物産を販売します。2月3日の氷雪まつりでは、被災地の食材を使った「ホッキカレー」をつくり、ご来場の皆様へ無料提供する予定です。
 《お問い合わせ》
 深川市商店街振興組合連合会事務局
 電話:0164-23-4595

●発寒北商店街振興組合(札幌市)
『被災地支援歳末新春感謝大売り出し事業』
 開催期間:12月8日(土)~1月7日(月)
 開催場所:商店街各店ほか
 500円のお買い物でスタンプを1つ。スタンプを4つ集めて応募いただくと、抽選で被災物産などの景品が当たります。12月8日にはスタートイベントとして、「つけもの品評会」と合わせて被災3町の物産販売を行います。
 《お問い合わせ》
 発寒北商店街振興組合事務局
 電話:011-663-8541
 https://www.hatsukita.com/

●千歳市商店街振興組合連合会(千歳市)
『復興支援事業 クリスマス被災地応援セール2018』
 開催期間:12月15日(土)~12月26日(水)
 開催場所:千歳市中心部、市民ふれあい広場ほか
 千歳市中心部でのクリスマスセールに合わせ、被災地の物産を販売。ガラポン抽選の景品にも「被災地応援特別賞」として被災地の物産を用意します。
 《お問い合わせ》
 千歳市商店街振興組合連合会事務局
 電話:0123-26-7007
 http://www.chi-ren.jp/

●留萌市商店街振興組合連合会(留萌市)
『復興支援がんばろう北海道全市連合大売り出し』
 開催期間:12月16日(日)~1月4日(金)
 開催場所:商店街各店、るもいプラザ賑わい広場
 留萌中心部約80店が参加する連合大売り出しを実施。3000円お買い上げごとに三角くじが引けます。景品には現金つかみ取りのほか、安平町のハム製品、鵡川町の海産物詰め合わせ、厚真町の肉製品などを予定。景品総数は1万本。12月25日~1月5日まで開設する抽選会場に復興支援販売ブースを設けて物産等を販売します。
 《お問い合わせ》
 留萌市商店街振興組合連合会事務局
 電話:0164-56-4382
 http://rumoi.main.jp/

●小樽花園銀座商店街振興組合(小樽市)
『「花銀雪あかりの路」ろうそくの灯りに願いを込めて~~頑張ろう!北海道~~』
 開催期間:1月18日(金)~2月17日(日)
 開催場所:商店街街区、各店
 スタンプラリーのほか、「小樽雪あかりの路」に合わせて商店街内の桜並木をイルミネーション。1月18日に点灯式を行い、被災地物産の販売、シシャモの振る舞い鍋などを行う予定。イルミネーションに加え、メッセージキャンドルにお客様から応援メッセージを書いていただいて火を灯し、街を彩ります。
 《お問い合わせ》
 小樽花園銀座商店街振興組合事務局
 電話:0134-27-0170
 http://www.hanagin.org/

力をひとつに。北海道商店街『一緒に応援キャンペーン』の開始について [2018年11月15日 (Thu)]


 北海道胆振東部地震では多くの方々が被災し、特に厚真町・安平町・むかわ町は今なお厳しい状況におかれています。
 地震直後は全国・全道からのたくさんの方々が被災地へ入り、危機を乗り越えるための様々な活動が行われました。次は私たちの番です。
 全道各地の商店街が力を合わせて、地元の方々とともに北海道の元気を発信していきます。



【一緒に応援キャンペーンの共通内容】
 ① 被災3町(厚真町・むかわ町・安平町)の物産等の販売
 ② 売上の一部を義援金とする販売促進事業の展開(大売出しや特別セールなど)
 ③ 募金の受付
 ④ 被災地応援メッセージの受付

【実施予定期間】
 平成30年11月17日(土)から平成31年2月28日(木)
 ※各商店街によって期間は異なります。

【実施予定】
 道内70商店街(予定)

 詳しくはプレスリリースをご覧ください。
 皆様のあたたかいご支援・ご協力をお願い申し上げます。

北海道内商店街の取り組み! [2018年10月31日 (Wed)]


●函館都心商店街が、公立はこだて未来大学生の協力を得て商店街のシンボルマークを作成しました。シンボルマークのテーマは港町感。船を係留する縄をイメージして、波線の上部に「大門」、下部に「商店街」と文字を入れて、いかりのマークをあしらいました。街路灯8基に試験的にフラッグを掲げ商店街をPRしています。



●釧路駅西商店街では、市民活動団体くしろ元町青年団と協力して、外国人観光客向けのイラストマップを作成しました。イラストや写真を多用し、散歩コ-スや見どころ英語で紹介。釧路港への大型クルーズ船寄港にあわせて、港から市内への循環バスも運行しています。


北海道内商店街の取り組み! [2018年09月28日 (Fri)]


●帯広市商店街振興組合連合会がこのたび、「商店街まちドコ?探検隊!」イベントを初開催しました。帯広市内15商店街にあるお題の「場所」を探してカメラで撮影し、景品プレゼントに応募してもらうもの。簡単にわかる初級の場所は1ポイント、上級は3ポイント。5ポイントの限定場所も用意。ポイントによって応募できる景品が変わります。



●株式会社まちなか網走が、網走中央商店街の「らるあーと朝市」に合わせ、キッチンカー出店と自家用車のトランクに商品を並べるフリーマーケット「NORTH TRUNK PLAZA」を初めて実施。行列ができるほどの人気でした。「らるあーと朝市」は7月~9月の毎週土曜日に開催しています。



●赤平市で、元気モリモリごちそうサマー「あかびら大盛メニューキャンペーン」が行われました。赤平市特産品推進協議会と赤平市商店街振興対策協議会によるもので、初開催には飲食店6店舗が参加。カツとご飯が倍量のダブルカツカレーなど各店がメガ盛りでお得なメニューを用意し、大盛りメニューを完食した方へ専用ハガキを渡して抽選に応募してもらいます。


北海道内商店街の取り組み! [2018年08月31日 (Fri)]


●札幌市東区の栄町中央商店街が、空き店舗をリノベーションしたコミュニティプラザ「ハッピーハッチ」を開業しました。多目的ホールや貸し会議室、厨房設備、カウンターを備え、コミュニティカフェでは日替わりランチも提供。商学連携や地域食堂、市民向け講座など、地域交流の場として有効活用していく予定です。





●札幌市中央区で、行啓通商店街と札幌商工会議所中央支所による「行啓通マラニック」が初開催されました。マラニックとは「マラソン」と「ピクニック」を合わせたもので、タイムや順位を気にせず、街なかでランニング(ウォーキング)を楽しんでもらうもの。初回はあいにくの天候ながら、84名の方々が参加されました。


北海道内商店街の取り組み! [2018年07月31日 (Tue)]


●岩見沢市中心部で、街を元気にする合同会社「ツナグマチいわみざわ」が設立されました。チャレンジショップ(シェアショップ)やコワーキングスペースを運営するほか、「まちなか朝市」の企画運営を担当。街で発生する食品廃棄物の問題や、子育て・子どもイベントなどにも取り組んで行くとのことです。




●室蘭市中央町の大町商店会がこのたび、空き店舗をリノベーションして街頭放送「大町放送局」を開設しました。放送時間は午前8時から午後10時。商店会と契約する店舗のCMや全16曲のご当地「大町ソング」を放送するほか、室蘭市のコミュニティFMラジオ「FMびゅー」の番組も流します。



北海道内商店街の取り組み! [2018年06月28日 (Thu)]


●富良野市中心部に、空きビルを再生した複合施設「コンシェルジュ フラノ」がオープンしました。富良野の食材にこだわった農村レストラン「EVELSA(エベルサ)」や、長期滞在にも対応する宿泊施設「TOMAR(トマール)」など、地域の拠点として多様なニーズに対応する施設が誕生しました。






●函館五稜郭商店街で「HAKODATE新選組ファンミーティング」が行われました。新選組の子孫が知る言い伝えや秘蔵品などから、新選組について語り合うトークショー、お酒を楽しむオフ会、五稜郭周辺エリアのコスプレ撮影解放など、一般社団法人新文化経済振興機構の協力で初開催。



道振連創立50周年・北海道150年記念「大感謝祭」を行います [2018年06月01日 (Fri)]


 北海道商店街振興組合連合会創立50周年と、北海道命名150年を記念し、今夏、下記のとおりありがとうの感謝と未来への決意を込めて記念「大感謝祭」を行います。
 大感謝祭期間中、参加各事業所でお薦め商品やサービスにハガキサイズの「抽選券カード」を添付しますので、「抽選券カード」のQRコードをスマホ等のカメラ機能で読み取るか、特設WEBページへアクセスして抽選にご応募ください(または、必要事項を記入して切手を貼って郵送応募してください)
 景品には、特別賞、北海道商店街賞、雪ミク賞、Wチャンス賞をご用意しています。
 詳しくは特設WEBページをご覧ください。

【大感謝祭期間】
 平成30年7月14日(土)~18日(水)の5日間
 ※ただし、カードがなくなり次第終了となります。
【抽選応募締切】
 平成30年7月31日(火)
【参加商店街】
 道内198商店街、合計約7,000事業所
【特設WEBサイト】
 http://kansyasai.kuleba.jp/(6月1日開設)
【景 品】
 特別賞A(10万円分のお買い物券)1本、特別賞B(5万円分のお買い物券)2本、北海道商店街賞(1万円相当の地域物産)179本、雪ミク賞(5千円相当の雪ミクグッズ詰め合わせ)30本、Wチャンス商店街賞(5千円相当の品)50本、合計262本。
【主 催】
 北海道商店街振興組合連合会
【協 力】
 北海道(北海道みらい事業登録)
 クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
 道内商店街および連合会


 -全振連ポータルサイト-商店街にぎわいPLAZA-