全振連ポータルサイト運営のお手伝いをしています

カテゴリアーカイブ
カレンダー
<< 2016年 >> << 01月 >>





1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
31






新着記事
twitter商店街
ページ | 1 |  / 全2件 1ページ

最近のネット事情とSNS [2016年01月27日 (Wed)]

 前回、スマホの登場により、ネットの接続の仕方が様変わりしてきた事をお話ししました。
ここ数年のご自分や周囲の状況を見ても、その変化は感じておられるのではないかと思います。
では、パソコンでの接続とモバイルデバイスとのそれでは、具体的にどのような違いがあるのでしょう。

◆パソコンとモバイルデバイス※1の違い
移動できない(ノートPC等は移動可)/移動できる
使用時に電源を入れる常に電源が入っている
使用時にネットワークにつなぐ常時ネットワークにつながっている
使うにはある程度の知識を必要とする割と直感的に使える
クラウド※3は必ずしも必要ではないクラウドとの連携が前提である

比較してみると、上記のような特徴があり、スマホなどのモバイルデバイスは、より便利で使いやすく、爆発的に利用者が増える理由も頷けます。また、この、モバイルデバイスの普及と、これから説明するSNS※2の利用者数の増加は、相関関係にあると言えます。
モバイルデバイスの特徴は常時接続とクラウドの利用であり、この2つの特徴は、常に他者とつながる目的で作られた各種SNSのサービスにとって重要な要素だからです。
 以前からこちらで紹介させて頂いている、twitterやFacebookもSNSです。
その後出てきた新しいサービスや、スマホの機能の進化により、ますます人気が出てきたSNSサービスもあり、これからそれらを少しずつ紹介していきたいと思っています。

◆Twitter/国内ユーザー数:1,980万人以上
 ・実名登録しなくて良いオープンなSNS
 ・ツイートはネット上に公開される
 ・番組の実況に最適
 ・ハッシュタグ・リツイートによる高い拡散力

◆Facebook/国内ユーザー数:2,400万人以上

 ・実名で繋がる世界最大のSNS
 ・いいね!・コメント・シェアで友達と交流
 ・文章・写真・リンク・動画など様々な投稿オプション


◆LINE/国内ユーザー数:5800万人以上

 ・無料で通話やテキストが送れる
 ・スタンプの種類が豊富
 ・プッシュ通知機能


◆Instagram/国内ユーザー数:?ユーザー数:全世界で4億人以上

 ・写真や動画を加工し他のSNSと連携してアップロードもできるSNS
 ・フィルターがけやコトラスト調整で簡単に素敵な写真を作れる


 TwitterとFacebookに関しては、こちらでも今まで何度か商店街の活用例について書かせて頂いたことがありますね。他にもあのGoogleが提供しているGoogle+や自分の関心のある出来事、物事にピンを指して行くPinterest など様々なサービスが人気ですが、今回は日本でも割と馴染みがあり、利用者数も多い以上のサービスについて、比較などしながらもう少し細かく見て行きたいと思います。

※1モバイルデバイスとは、スマホやタブレット、スマートウォッチなど持ち運びできる機器を指します。
※2ソーシャル・ネットワークサービスの略。人と人とのつながりを促し、支えるコミュニティ型の会員制のサービスを指します。
※3クラウドコンピューティングの略称。これまでは、自分の書類は自分のハードディスクやパソコンに保存・管理していたのが、インターネットを介し、別なところに書類を保管、管理してもらうネットワークサービスの形態の一つを言います。

明けましておめでとうございます [2016年01月06日 (Wed)]

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

しばらく(だいぶ長い時間…)ブログの更新が滞っておりましたが、その間にインターネット事情もだいぶ様変わりいたしました。
そんな最近のネット事情などから、SNSの活用法まで、今年は少しずつお話をさせて頂けたらと思います。

PCによる接続以外に、最近ではスマホユーザーの増加、ゲーム機や家電からのネット接続など接続の方法も多岐にわたっています。
水道・電気等と並ぶ重要なインフラとなりつつあると言っても過言ではないかもしれません。

では、実際に日本のインターネットの普及率はどうなっているのでしょうか?
総務省が2015年7月17日に発表した「通信利用動向調査」の公開値を発表しています。(すでに半年が経過し、また状況が少し変わっているかとは思いますが、国の最新の調査報告という事になります。)
最新版(2014年版)「通信利用動向調査」によると、2014年12月末時点のインターネットの普及率(過去1年間にインターネットを一度でも利用したことがある人の率)は82.8%で、利用者人口は1億18万人となっています。
2005年に70%を超えてから、伸びは鈍くなって来ているですが、それでも以降、確実に増えています。『通信利用動向調査』

また、接続の形態は年々多岐に渡ってきています。
とくに、スマホやタブレットと言ったモバイル端末の普及は目覚ましく、同時にPCでのネット接続の機会は減りつつあります。

ニールセンの調査では、
・PCによるインターネット利用者は
 5,206万人(2014年4月) ⇒ 5,100万人(2015年4月)

対してスマートフォンによるインターネット利用者は
 4,055万人(2014年4月) ⇒ 4,832万人(2015年4月)

という数字が出ています。毎日インターネットを利用する人の数はスマートフォンによる接続がPCによる接続の人数の1.8倍と大きく差が開いています。
商店街でこれからネットを活用しようと考えている方は、このようなネット事情も頭に入れられて今後の対策を講じられると良いかもしれません。
次回以降は、SNSの最近の動向なども見て行きながら、商店街での活用方法について考えていきたいと思います。
 -全振連ポータルサイト-商店街にぎわいPLAZA-

プロフィール
espice
リンク集
RSS
http://www.syoutengai.or.jp/blogs/cacao/rss/1_0/    http://www.syoutengai.or.jp/blogs/cacao/rss/2_0/
カウンター
つぶやき
サルのつぶやき