ページ | 1 |  / 全1件 1ページ

アメリカの雰囲気を感じる「本牧商店街うんちくツアー」(その5 ゴールデンカップ) [2016年04月05日 (Tue)]


まだ本牧が米軍住宅と米軍施設に囲まれていた時代、今の本牧通りはD-Avenueと呼ばれていました。


通りの海側がAreaⅠ、山側がAreaⅡ、根岸の丘がArea Xと名付けられていました。



1964年12月、その近くに「ゴールデンカップ(Golden Cup)」が生まれました。

時代はベトナム戦争の真っ最中、連日連夜、ゴールデンカップにはGI達が訪れ、朝まで饗宴が繰り広げられていました。





ハウスバンドとして活躍していたザ・ゴールデン・カップスが当時のグループサウンズブームに乗って一躍メジャーバンドとなったのもその頃です。

1982年、米軍の接収地が返還され、フェンスの向こうのアメリカは消えてしましました。

跡地は瀟洒な住宅街と商業施設に囲まれるエリアとなりました。




伝説のライブハウスと自他ともに認める[ゴールデンカップ]は場所も当時の佇まいもそのまま、現在もライブハウスとして、レストラン&バーとして営業を続けています。

2014(平成26)年、ゴールデンカップは開業から50年を迎えました。今年は52年目に入ります。






さて、「商店街うんちくツアー」の一行が入店すると、オーナーの上西さんからご挨拶がありました。

上西さんは京都の出身で、もともとは婦人服関係の仕事をしていました。その後、横浜に出てきたのですが、 当時はベトナム戦争の最中で本牧には米兵があふれていました。
「米兵を相手にする商売をするのもいいかな」と思った上西さんは、「イタリアンガーデン」に行く機会も度々あり、その雰囲気の良さを気に入り、「ゴールデンカップ」を開店したそうです。




上西さんのお話が終わると間もなく、驚きのサービスがありました。

なんと、バンドの生演奏があったのです。

予定には入っていなかったのですが、参加者に当時の雰囲気を味わってもらおうと、メンバーを集めてくれたようです。




エルビス・プレスリーやビートルズの曲が流れていました。
















途中からは女性のシンガーも登場。









いい感じですね。











この日のランチ。柔らかいハンバーグに濃厚なソースがかかっていて、美味しいです。


みなさん、食事をしながら昔の音楽を楽しんでいました。








なかには、昔を思い出してゴーゴーを踊る女性も!


いいね。








懐かしいジュークボックス。ダイアナ、ムーンリバーなどのほかに、もちろんゴールデンカップスの長い髪少女も入っています。

















ランチの最後はお楽しみの抽選会。いいものが提供されていました。






表に出ると、TVkの取材班が待ち構えており、参加者にインタビューをしていました。


(つづく)

続きを見る!
 -全振連ポータルサイト-商店街にぎわいPLAZA-